トイレトレーニング

本格的なトイレトレーニングは1歳半〜2歳半くらいでしょうか。
しかし1歳半〜2歳半ころは非常に動きも激しく、好奇心も旺盛なので、お母さんの気持ちとは裏腹におまるに座らせても、「でない!」「しい、ない!」と言い張ったりします。なかなかおまるに座らせようと思ってもいう事は聞いてくれませんよね。余程、お母さんに余裕がないと疲れてしまいます。
まだ、1歳前、すなわち9ヶ月〜11ヶ月頃はハイハイや、伝い歩き程度なので行動範囲も狭く、おまるに座らせることは比較的、楽です。1歳前から、おまるに座るトレーニングをすると、かなり楽に感じるのではないかと思われます。
現在では、昼間のオムツがほぼ取れるのはだいたい3歳頃だといわれていますので、焦る事は全くありませんが、出来れば、生後10ヶ月くらいから、タイミングを見計らっておまるに座らせるといいようです。そろそろおしっこかな?と言う時におまるに座らせて「しい出るかな?」と声を掛けてみる程度で、しつこく言うのは逆効果です。おまるに座らせるタイミング@〜Fが適切かと思われますが、なによりも毎日の習慣にすることが大切です。

@ 朝起きたとき。
A 朝食前。
B 昼食前。
C 3時のおやつの前。
D 夕食前。
E 就寝前。
F お昼寝の前。

トイレやおまる以外で排泄、排便をしてしまった時は、「次はトイレでしようね。」とか「おまるで、できるよね。」とゆっくり優しく話しかけるようにする事が大切です。

幼児教育.com このページの上へ


幼児教育.com このページの上へ

2歳児のできること

■ 三輪車に乗ることが出来る。
■ 公園の遊具で遊ぶことが出来る。
■ お友達と遊ぶことが出来るようになる。

2歳のこの時期は、人としての基礎が出来る時期です。今まで出来なかった事ができるようになり、なんでも自分でしようと、自立へ向かう時期でもあります。また、ことばも絵本の読み聞かせなどで目覚しく伸びる時期です。出来ない事があっても焦らないことが大切です。

2歳〜2歳半児のできること
 ◆ 歩くだけでなく。走ったり、体を動かすことができるようになるので、自由に遊びたがる時期。
 ◆ お母さんから次第に離れて遊ぶことができる。
 ◆ スプーンを使って食べる事が上手になるが、まだまだ食べこぼしはする。
 ◆ クレヨンなどで殴り書きをして、書くことを楽しむようになる。
 ◆ 積み木やブロックで意味のあるものを作って遊ぶようになる。
 ◆ 一人でパンツを脱ぐ事ができるようになる。
 ◆ 大人の真似をすることができるようになる。
 ◆ 2語文(マンマチョウダイ ・ ブーブキタ)などが言えるようになる。
 ◆ 両足で飛んだりできるようになる。
 ◆ お友達と遊ぶことができるようになる。
 ◆ ビンのふたを開けることができるようになる。
 ◆ 我慢することができるようになる。

2歳半〜3歳児のできること
 ◆ 布団の上で前転なども出来るようになる。
 ◆ はさみなどを使う事が出来るようになる。
  (最初は、子供用のはさみなど、危険のないものを与えてあげる)
 ◆ ぬり絵が出来るようになる。
 ◆ 自分の名前を聞かれると答えられるようになる。

幼児教育.com このページの上へ