幼児教育 英語

日本語社会の中で、幼児に英語を学ばせようとするならば、先ずは、臨界期が来る前に英語耳を作ることです。
臨界期とは、脳の中にある覚える力や感じる力の神経回路が、ある刺激を受け、その影響で集中的に作られる時期を言います。この臨界期は一生に一度だけしかなく、後にどれだけ訓練を重ねてもその回路を作る事は出来ないと言われています。
だいたい6歳くらいまでに臨界期が来てしまうといわれていますが、
3歳までの脳の成長(3歳までに大人の脳の80%が出来上がる)を考えると、生後間もなく英語を聞かせる必要がありそうです。しかし、生後間もない赤ちゃんの耳は大人とは異なり繊細なので、お母さんが優しく話しかけるような、赤ちゃんにストレスにならない程度の音で英語を聞かせる必要があります。
英語の周波数は2000ヘルツ〜1万2000ヘルツですが、日本語の周波数は125ヘルツ〜1500ヘルツと、極端に異なるので、英語のLやRの発音は、日本人にとって非常に聞き取りにくいわけです。英語耳の臨界期が来る前に英語耳の神経回路を作ることが出来れば、大人になっても何の苦労もなく英語を聞き取ることが出来るのです。すぐれた絵本を読み聞かせするのと同じように、すぐれた、質のいい英語を聞かせる必要があります。
イギリスの『マザーグースの歌』などは、日本のわらべ歌と同じように、子供が遊びながら歌う、伝承童謡です。お子様と一緒に英語で歌いながら、手遊びなどをして、遊んでみるのもいいですね。

幼児教育.com このページの上へ


幼児教育.com このページの上へ

幼児と絵本

絵本の読み聞かせは、幼児にとって豊かな恵みをもたらすということを、たいていのお父さん・お母さんが知っています。
しかし、どれくらいの絵本をどのように読み聞かせをすればいいのかを知っているお父さんお母さんは少ないものです。
たいていの場合、数十冊の絵本を、何度か読み聞かせて、満足してしまっています。
そして、小学校に上がったときに、

『あれだけ絵本を読んであげたのに、どうして本は読まないのかしら?』 と嘆くのです。

絵本を読み聞かせるというのは、優れた絵本を沢山与えるべきです。
小学校に上がるまでに最低でも500冊は読んであげたいものです。
現在社会では、小学校に入っても本を読まない子が非常に多いので、子ども達に本を読ませようと、
朝の読書週間を設けている学校もたくさんあります。
しかし、幼児期に優れた絵本を沢山読んでもらった子は、やはり本が大好きになります。

ですから自分で好んで読書をし、どんどん本から知識を吸収していきます。
その子ども達は間違いなく優秀に育っていくでしょう。小学校に上がってから、読書が大切だからと、
どんなに本を読みなさいと言い聞かせても、素直に一所懸命に読書する子はほとんどいません。

低学年で算数がどんなに出来ても、『国語力』がない子は、高学年になった時、文章題がすばやく解けずに苦戦します。
ですから、幼児期に優れた絵本を沢山与えてあげるということが、どれだけ大切かお分かりいただけると思います。

幼児教育.com このページの上へ